ここから本文です

晩秋の絢爛。

2019.11.28

毎年のことである。夏が終われば秋が来る。炎暑が過ぎれば涼風が吹く。下がる気温が木々を染める。次いで落葉が控えている。赤がある、黄色がある。何十回経験しているのに溜息が出る。何度も見ていても嘆息がある。晩秋の絢爛。四季折々の国で良かった。

実を言えば、今年の紅葉はいまひとつ。気温推移の諸々が影響をして、始まりも遅かったし、色の鮮やかさも昨年のそれには及ばない。けれど、それでもある時期から急激に進んで、我が家の周りもモミジやイチョウが次々に染まっていった。ここに暮らして早6年目。どこにどんな木があり、どんな変化を見せるのかもおおよそ掴んでいる。となると。
今朝、このモミジがこの感じなら、奥の院は次の週末がピークだろうとか、あそこのイチョウはきっと来週あたりに色を強めるなとか、なんとなく予想が働いて、毎日の散歩がいつも以上にときめくものになる。期待通りのこともあれば、そうならないこともあって、ドキドキはずっと続く。見上げて、踏みしめて、今年も秋が終わる。この移ろいが愛おしい。

大階段上の老モミジ。落葉の方が豪華に見える。

見上げればこの景色。逆光なのが玉に瑕。

おみくじ売り場背後の大イチョウ。これからが本番。

緑との混色も美しい。ここは誰も来ない奥の院。

2本のモミジから階段に降り注ぐと錦絵の如く。

イチョウとモミジの組み合わせ。溜息しかない。

自宅向かいの境内から。モミジ越しの我が家。

この時期咲いている山茶花がとイチョウの絨毯。

by 江副 直樹 2019-11-28 2:02 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki

Archives

◎2006年3月 → 2010年8月