ここから本文です

今朝はムカゴを初収穫。散歩の時間はすっかりいい気候になった。快適。 この感覚については、何度も形を変えて、言葉を換えて言及している。わざわざこんなタイトルつけるのは、余計な引き出しはまったく余計ではなくて、ないと困る必須 […]

納竿の候。

2015.9.26

朝晩がどんどん涼しくなって、季節は急激に坂を下っている。夏が終わる。 早春のヤマメに始まって、秋の入り口の鮎で竿を納める。ここ10年は、それが慣わしとなってきた。ヤマメだけをやっていた頃は、9月の下旬ともなると月末の禁漁 […]

ようやく晴れ間が続くようになった。上旬にこうであって欲しかったねえ。 朝の散歩の愉しみは、刻々と変わる季節の変化を肌で感じること。それは気温であったり、草花であったり、木々であったり、雲であったり。暑い寒い。新たな花の出 […]

雨が多いこと。こんなに降る9月は記憶にない。鮎は追い込みなのに。 自分のクルマを持つようになって、もう40年になる。国内外の、新車や中古車を乗り継いで現在に至るが、一貫して洗車がキライである。クルマは好きである。運転も好 […]

報告の宿命。

2015.9.14

平戸から戻り、今日は淡路へ。出発前の散歩はもう長袖が必要だった。 さまざまな仕事をしていても、共通することは想像以上に多い。そこから、知らず知らず原則や公式を導き出していることがある。自らの思考の整理として、わが方法論の […]

梅雨は年に2回あるとは知らなかった。連日の雨に鮎が遠ざかる。 釣り師の気持ちになると、川に蓋をする雨は招かれざる客のようなものだが、降りすぎない雨ならそもそも嫌いではない。周囲の音を消して、あれもこれも濡らして色を深める […]

はやる心を嘲笑うように、雷を伴う激しい雨が降る。釣りはお預け。 福岡デザイン専門学校の特別授業、未来デザインステージの今期最終講が急遽決まった。今年は、服部滋樹氏に始まり、三木健氏、そして今回は大阪芸術大学の放送学科長を […]

台風一過。

2015.9.2

雨ばかり降る。鮎釣り師の期待をよそに、川は濁ったり増水したり。 そんな中、台風15号が九州直撃。警報に心持ち身を固くすることはあっても、本当に被害を被ることは珍しい。一方で、台風は秋のものという思い込みを吹き飛ばすように […]