ここから本文です

今年最後の出張から戻って、次男と鎮守の森を散歩。穏やかな冬の昼下がり。 僕らは、こめやと呼んでいる。正しい屋号は樋口酒屋だが、ギャラリースペースを擁しているので、その場合はギャラリーこめやと呼び分けたり。元は精米用の水車 […]

朝の散歩は、フリースとダウンセーターが当たり前になった。雪よ積もれ。 意外かも知れないが、宴会はあまり好みではない。この時節になると毎夜どこかで行われる忘年会も、ほとんど出ない。結婚式もできれば出たくない。そんな僕が、結 […]

今年も残り10日余り。忙しさを感じないほど忙しさに慣れてきた感。もう冬だね。 季節は等しく巡ってくる。田舎にも都会にも。でも、その濃度はやはり田舎に軍配が上がる。木々や生き物の変化、風や空の変化、そしてなにより気温の変化 […]

教養とOS。

2014.12.16

冷たい雨が降ると、冬が少し近づく。真っ白な霜が降りると、冬が少し寄ってくる。 僕が子供の時分は「教養の有無」という言い方があった。ま、教養がおありで、なんて。最近はとんと聞かない。大学も最初の2年は、教養課程があって、専 […]

晩秋を踏む。

2014.12.12

少しずつ寒くなる。霜が降り、氷雨が降る。手がかじかみ、耳が痛い。師走だもの。 日に日に秋は深まる。木々は次々と葉を落とし、鬱蒼としていた森は、徐々に見通しが良くなり、明るくなる。虫の気配が消え、清潔感が高まってくる。気づ […]

この冬一番の冷え込み。盆地はたちまち氷点下になる。物みな霜に覆われる。 今度の日曜日は総選挙。投票は当たり前だが、さっそく選挙カーが走り回っている。何度聞いても同じ言い回し。もう何十年も耳に残っている。出張先では政見放送 […]

東京日帰りで、昨夜は福岡に投宿。ずっと雨模様だった。朝の散歩が恋しい。 紅葉の走りは、ハゼの赤。鎮守の森にひときわ赤い葉が目立ってくると秋のはじまり。それから、モミジが色変わりを始めると、堰を切ったようにさまざまな木々が […]