ここから本文です

一木一石。

2024.6.7

木を見て森を見ず、とは、視野狭窄や全体観の欠落を戒める名言だが、これは部分と全体の因果関係の重要性を諭す至言でもある。森の一木が、その森の風のあり方を決め、川の一石がその川の流れを決める。1本の木の植え方、1個の石の置き方が与える影響について。

この際に、どこまで広く考えられるか。森の外、川の流域。僕は碁はしないが、布石という言葉は知っている。この抽象性、戦略性に気づいた時は、鳥肌が立つような興奮を覚えた。遠すぎる因果関係。打たれた瞬間は、それが将来どう陣地の攻防に関わるのか、素人ほどにわかにはわからない。S・ジョブスコネクティングドットも、この布石の言い換えだ。
さらに近年改めて注目を浴びている、C・レヴィストロースのブリコラージュもまた、未来への直観的準備を指している。全体との関係を形づくる一木一石の置かれ方は、小さくて遠いけれども、その後のカタチを決める本質的なプロセス。部分の集積が決して自動的に全体にはならないと繰り返して来たが、さりとてその鍵は「部分」にあったりするのである。

深遠なる自然の摂理はさらにまた別次元の話。

by 江副 直樹 2024-6-7 16:04 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki

Archives

◎2006年3月 → 2010年8月