ここから本文です

tag:福岡デザイン専門学校

前夜の国東から、朝福岡へ出発。海や山を眺めながら我が村を脇目にドライブ。

福岡デザイン専門学校で非常勤講師を始めてもう15年になる。いや、自分ではよく覚えていないのだが、学校側がそうおっしゃるのでそうなのだろう。スケジュール調整は大変だが、面白い学校なので僕も楽しんでいる。その最たるものがこの特別授業だ。

by 江副 直樹

雨は今後も降り続く模様。いまは治まっているが、梅雨が梅雨たらんとしている。

昨日は、今期3回目の未来デザインステージ。今回のゲストは浅羽雄一氏。仕事でもときどきご一緒している、飲料に強い商品開発プロデューサーだ。今回はいつも以上にリラックスして、仕事のことから暮らしのことまで、なんだかんだと聞いて楽しんだ。

by 江副 直樹

今日は終日雨。雨天決行のタイトルにたがわず、天候に恵まれたと言うべきか。

ADC=アートディレクターズクラブの存在はもちろん知っていた。業界を外から見ているような立ち位置なので、ボンヤリとしかわからなかったが、九州の集まりができ、九州でのデザインワークを顕彰する賞も設定され、なぜか審査員として参加することになった。

by 江副 直樹

特別授業。

2012.6.10

今日はなかなか暑かった。梅雨入り宣言したばかりなのに、晴れって。なんだかなあ。

今年で5年目を迎える福岡デザイン専門学校未来デザインステージ。第一線のゲストをお招きしての、通常授業とはひと味違うハイレベルなレクチャーだ。僕は初回から、司会進行を務めている。3時間基本だが、過去最長は4時間半。僕も楽しんでしまう一時。

by 江副 直樹

FDS新学期。

2012.4.25

初夏のごとき生暖かい風。GWが視野に入ってくると、その先の夏を想うようになる。

今年も新学期が始まった。10年以上通っている福岡デザイン専門学校。この時期、1年の後期から受け持っている新2年生と新たな4教科が始まるのだが、今期から4コマの内、2コマを研究生とともに過ごすことになった。科目名は「デザイン思想研究」。おお。

by 江副 直樹

高原はいまだ真冬。都会の夜も肌寒かった。週後半は暖かくなるらしい。

最近はレクチャーの依頼が多い。そんな偉そうなことをと、当初は尻込みをしていたが、熱心なご要望と、なによりわがプロデュースの解説の機会としては、ありがたい限りで、近頃は無理のない範囲でお受けすることにしている。そして今夜も。

by 江副 直樹

残暑に弄ばれる9月半ば。朝晩の涼しさを忘れるほどの厳しい暑さが続く。

今年15周年を迎えた福岡デザイン専門学校。今期は、4年目に入った未来デザインステージの趣向を変えて、いくつかのイベントを行った。ゲスト講師を2回お招きしたあと、公開の場で対談を開いた。そしてこの9/14、大団円をシンポジウムで締めくくった。

by 江副 直樹

今朝はお盆を過ぎて、一番の肌寒さ。散歩の時の空気感が明らかに違っている。

昨日、福岡デザイン専門学校で、受け持っている視覚情報科2年生前期の授業が終わった。前期は4月から9月中旬まで。週に1回、朝から夕方近くまで、4コマ6時間を、学生たちと一緒に過ごす。来月からは1年生の後期を受け持つことになる。こちらは2コマ3時間。

by 江副 直樹

朝晩の涼しさに救われる分母庵。地元では、盆を過ぎれば草の伸びが止まると言う。

一時期の分母庵は、いつも誰かが遊びに来ていたような気がする。それくらい、入れ替わり立ち替わり、さまざまなゲストが滞在していた。それが、女将が育児に手を取られ、僕がますます貧乏暇なしとなり、しばらく比較的静かな数年だった。

by 江副 直樹

朝、雨で湿った村を後に、福岡市へ。台風の余波か、ずっと風が舞っている。

今日はまたまた福岡デザイン専門学校未来デザインステージ。いつもの学内のレクチャー形式から趣向を変え、福岡市のソラリアホテル内にあるパブリックスペース・ゼファで、対談が行われた。ゲストは小倉織りの作家 築城則子氏と建築家 松岡恭子氏

by 江副 直樹