ここから本文です

FB申請の怪。

2016.1.25

40年ぶりとかいう大寒波がやってきた。雪と氷の世界は美しかったりもする。

言わずと知れたFacebookの友達申請についての話題である。すっかり普及したこのSNSには、友達申請という仕組みがあって、どなたかに申請をし、先方が承認すると、互いの投稿がフィードと呼ばれる投稿欄に表示されるようになる。そんなメカニズムなのだ。

つまり、友達が多ければ多いほど、自分の記事は拡散していく。僕は毎朝一枚、日々の暮らしのことや仕事のことを伝える写真をアップし、仕事に役立てているのだが、ときおり見知らぬ方から友達申請がある。その中に、メッセージがないものが散見される。すでに知己を得た人ならまだしも、会ったこともないのに、メッセージなしで申請が届くことがある。
基本、スルーさせていただくし、メッセージなしは無視と宣言する人たちも多いのに、いまだ後を絶たない。ここまでマナーが叫ばれてなお、無礼な申請がなくならないのは、きっとそれなりの理由があると思われる。政治と金の関係のように、誰かが勇気を持って、なぜなくならないかを解説していただきたい。腑に落ちないFBの怪奇現象のひとつである。

明日は福岡で打合せ。高速道路の通行止め解除がなければ、在宅仕事も余儀なく。

SNSと言ったところで、所詮はコミュニケーションツール。礼儀は当然のこと。

テクノロジーは刃物だ。常に使い方が問われる。幸福のために使いたい。

 

by 江副 直樹 2016-1-25 22:10