ここから本文です

汗ばむ陽気。いきなり暑くなり過ぎだが、気分はヤマメから鮎へ。いい気なもの。

今日は柄にもなくレセプションなるものに出席。というか、ゲストを迎えるホスト側である。毎年、この季節に福岡市一帯で繰り広げられるデザイニング展。そこへ、今年は九州ちくご元気計画として出展している。総合プロデューサーだから、ここはやっぱり。

デザイニング展は、デザイナーの井手健一郎氏らによって、2005年から始まったデザインをキーワードとするイベント。市民や企業、街全体を巻き込んで、もはやこの季節の貌となりつつある。デザイニング展には、井手氏を始め、九州ちくご元気計画に参加する多くのデザイナーも関わっていて、今回はご縁をいただくように出展の運びと相成った。
会場のアートディレクションは、そのお一人高須学氏。今回、事業コンセプトを寸分ずらすことなく、レセプションも含め見事に表現をしていただいた。ずっと事業の全体像を世間に伝えたい僕としては、うれしい限り。ゲストも実にさまざまな方々にお越しいただいた。存分にお相手ができなかったことが唯一の心残り。この場を借りて御礼を申し上げる。

元気計画の展示は5/15日、18時まで。会場はギャラリーLUMO。どうぞお運びを。

地元食材で。

料理家の井口和泉氏によるお料理。地元食材のデザインでもある。

立錐の余地なし。

一時は身動きが取れないほど人が溢れた。誠にありがたいことである。

壁際に展示。

今回多くの方々に、このユニークな事業の存在が伝わったと思う。

GAKUちゃん。

左が立役者の高須氏。右は同氏が率いるNOCチームの一員、新留氏。

by 江副 直樹 2011-5-13 23:11