ここから本文です

飯田高原LOVE

2016.5.24

薄陽差す朝。春の終わりと夏の始まりの境。日中は夏一色。

大分県九重町飯田高原に通い始めて、もう40年程。20歳を過ぎ、自分のクルマを持った頃、やたらドライブをしていたあの頃、九州とは思えないその風景にいたく感動し、虜になった。仕事、住所。人生には変遷が付きものだが、飯田高原LOVEだけはいまも変わらず。

南国のイメージが強い九州にあって、標高1000mの一帯は背後に名だたるくじゅう山系を抱え、別世界の趣。事実、季節も1ヵ月はずれている。春は下界からゆっくり上がってきて、秋は山上からたちまち降りてくる。ヤマメ釣りでも訪れるけれど、気温に加えて、花や鳥や虫の登場が平地とは異なっていて、季節を2度ずつ、長きに渡って楽しめる恩恵。
30年以上続く釣りに止まらず、数年前からは低山部などとふざけて、山での遊びにも手を出した。初夏、カッコウの声を聞くのは決まって飯田高原だし、新緑に酔うのはその奥の湧水の辺り。錦絵のごとき秋。異次元の雪国となる冬。こんな魅惑的な遊び場は世界唯一。いや、どんな場所も唯一無二なのだ。そんな想いにさえ至る飯田高原LOVE。神に感謝。

急遽、東京からゲスト来訪。以前、僕のレクチャーを聴いた方からのご相談。いいね。

この日は牧ノ戸を下るコース。夕方、川に用事があって、風景を楽しみつつ。

また別の日。少し時間があったので、タデ原をのんびり散歩した。

あまりに心地よく、ベンチにごろり。半袖には寒い風が頬を撫でる。

通称やまなみハイウェイ。高原を抜けて阿蘇に続く絶景のルート。

by 江副 直樹 2016-5-24 22:10