ここから本文です

青空恋しや。

2014.7.12

過去最大級と謳われた台風8号は、拍子抜けするほどで、ホッと胸をなで下ろした。

今季の梅雨は、前半さえさほど降らなかったが、ここへ来てやたらと雨粒が落ちてくる。抜けるような青い空はとんとご無沙汰で、きっと毎年嘆いているのだろうけど、早く梅雨が明けないかやきもきしている。鮎釣りにしても、理想は入道雲湧く夏空の下だから。

雲ひとつない青色が、視界の端から端まで広がっているのも気持ちがいいが、濃い碧を背景に白い雲が浮いているのも捨て難い。刷毛で掃いたような雲もいいし、曲線が連なるさまを坊主に喩えた積乱雲も雄々しくて夏らしい。山々の緑は深さを増し、蝉時雨が盛りに入る頃。川に立っていると、目眩を誘うような光が溢れ、日射しはシャツを突き抜ける。
それでも、命はエネルギーを最大にして、輝く季節。鮎の体躯は日に日に逞しくなり、黄色い追い星は鮮やかになって、縦横に流れを走り回り、竿先はもうハラハラするほど叩かれる。その先に気配を見せる秋への峠を目前に、夏は朝が来るごとにページをめくるのである。雨が続く陰鬱な空を見ていると、ついついこんなことを考える。恋しや青空。

明日も雨の予報。宿題はいくつもある。ノンビリもしたい。釣りの準備は万全か?

惚れ惚れの空。

先日、会議で訪れた九重飯田高原。特級のロケーションの中の青空はまた格別。

日田方面を望む。

帰路、秋には見渡す棚田が黄金色に変わるお気に入りポイントで。夏もいいなあ。

西デッキより。

台風の鹿児島上陸時、大分日田はステキな青空が広がった。このまま梅雨明けか?

久々に見上げた。

これから梅雨が明ければ、空に向かってシャッターを押す機会が増えるだろう。

by 江副 直樹 2014-7-12 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki