ここから本文です

霧の洗礼。

2013.11.8

昨日は朝、フリースを着た。日中は気温はぐっと上がるのだが。盆地ならでは。

お山の上から典型的な盆地気候の日田に来て驚いたのは、全国区のニュースになる夏季の最高気温そのものよりも、朝晩と日中の温度差だった。夏の朝、時計の針が7時を回る頃までは涼しくて快適なのだが、それ以降は温度計の数字はぐんぐん上昇する。

仮住まいのアパートの造りは、よくあるローコストの安普請で、音も熱も筒抜け。この夏は、ついにエアコンのお世話になった。秋が深まってくると、今度は霧に覆われることが増えた。村でも時折、霧が出ることはあったが、日田の川霧は過去にも経験をしたけれど、改めて住人としてその濃度と頻度を噛みしめている。霧の散歩は存外楽しいものだ。
夏の気温差は、激しいときで10℃以上。盆地の朝の霧は、放射冷却と関係があるらしく、時間が進むとたちまち晴れ間が広がって、必ずウソのような好天になる。夜明けから陽が上がるまでの、朝の一刻だけに現れる盆地の霧。グレーのスクリーンの中に浮かび上がる森や街並み。霧は霧だけの風情を備えていて、さらに好きになりそうな気がしている。

今日は1日こうげのシゴト。来週はまた東京から始まって、他に厚労省の視察など。

視界不良。

近所の中学のグラウンド。その向こうに広がる日田市街はすっぽり霧の中に沈む。

川のほうはさらに。

いつもの散歩道も、運転もまなならない霧の濃さ。この先は筑後川へと続いている。

森と住宅地。

森の向こうにまだ動き出さない人の営みが見える。森はたっぷりの水分を補給する。

公園はまだ静か。

息子が集団登校をするころには、空は晴れていく。草地にはたっぷりの水分が。

 

 

 

by 江副 直樹 2013-11-8 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki