ここから本文です

金融新時代!?

2017.11.18

入を図って出を制す。イルヲハカッテイズルヲセイスと読む。経営の基本原理を古人はこう簡潔に表現した。意味は読んで字のごとく、いかに稼いでいかに節約するか。単純明快。簡単至極。僕のような人間にも、ストンと腑に落ちる。その上で、見えてくることがある。

デザインを含むクリエイティブは、経営支援にも非常に有効だが、明らかに入を図る側に寄っている。一方、企業支援に欠かせない金融関係は、どうしても数字に囚われて、出を制すに偏りがちだ。ここ数年、金融機関がクリエイティブを取り入れて、顧客のサポートをする動きが出ているが、本当にいいカタチで活用しているケースは、まだ聞いたことがない。
どころか、経費削減の検討では、クリエイティブもその対象になる始末。しかし、それでいったいどうやって、未来を作るのか。商品やサービスの開発、広報戦略、クリエイティブの主戦場となるそこを貧しくして、ブランディングなど夢のまた夢。そろそろ、その理解を伴った金融側の方々と、バランスのいいプロジェクトを動かしたい。どなたか、いかが?

販路があれば売れるとの誤解は根強い。モノと発信なんだけどね。

クリエイティブ側もまた、金融と政治へのアレルギーを克服しなきゃ。

by 江副 直樹 2017-11-18 22:10