ここから本文です

台風のお陰で、終日雨と風に見舞われる。雨漏り応急処置のシートがはためいている。

昨日から、大分県の国東へ出掛けていた。足を踏み入れたことはあったが、今回はイベントのお誘いに応えるかたちで、たくさんの方々にお会いする旅になった。竹田市のプロジェクトで深まった大分との関わりは、これからまた加速する気配を見せている。

たけた食育ツーリズムで、仕事をお願いに伺った塩塚アトリエ。塩塚氏の実績の中にあったアキ工作社とそこで生まれているd-torsoが気になり、昨年大分市で開かれたお二人のトークショーに駆けつけて、同社代表の松岡勇樹氏にお目に掛かった。それが縁となって、この度夏祭りにお誘いいただき、再会を含めた数ある出会いに驚きの時間を過ごした。
一方、竹田で中心的な役割を果たしていた怪人・本山秀樹氏は、僕を竹田へ招き入れた張本人だが、転勤先の国東でまたまた新たな仕掛けを施し、松岡氏たちとつながった。その中には、竹田発の新名産「森のさきいか」シリーズをプロデュースしてくれた中野伸哉氏もいる。人呼んでくにさき二十人委員会。そして、ついに僕もその末席に座ることに。

明日、軒下まで来ていた光ケーブルがPCとつながる。こんな山村にも世界最速BBが。

ビーチアニマル。

当日はテオ・ヤンセン氏が来場。ビーチアニマルに群がる人々。

d-torsoの牛。

アキ工作社のd-torsoは、段ボールを使った超ユニークなプロダクト。

中野氏のギャラリー。

翌日は国見の中野氏を訪ねた。仕事場兼ギャラリーを案内する中野氏。

絵付けに見入る。

ご子息のマーク修作君は、アトリエでキツネの土偶を制作中。真剣。

by 江副 直樹 2011-7-19 22:10