ここから本文です

冷え込んできた。お山の上は特に。ぬくぬく布団は幸せのひとつ。師走だなあ。

12/7、九州ちくご元気計画が始まって、第3回目となる講師ミーティングを開催した。去年の夏から本格稼働を始めたこのプロジェクトは、地域の雇用創出をめざして、その前段となる商売繁盛のサポートを行っている。今回は、その講師陣が集い、意見交換。

商売繁盛と一言で言っても、その範囲は広い。現在、農業、商業、工業、観光まで、約70の研究会が発足しており、それぞれに僕を含む30人を越える講師陣が対応している。デザイナーやプランナー、料理研究家、経営アドバイザーなど、その道のプロフェッショナルにご指導を依頼しているが、福岡を中心として第一線の人材が集結した格好だ。
講師陣のテコ入れで、商品開発や広報計画、経営計画が随所で進んでいるが、いわゆる公共事業で、これだけの方々が参画するプロジェクトは、おそらく非常に珍しいと思われる。それだけに、現場では大小の課題も生まれており、今回のミーティングはそれらの解決に向けた情報共有と議論の場として設定した。 実に意義ある会議だったと思う。

明日は午前中に新規の研究会がひとつ。その後、来週の上京の資料づくりに集中する。

皆さん、真剣。

講師によるプレゼンに聞き入る。今回は業種別スキルアップ研修の講師陣を対象とした。

懇親会ではさらに白熱。

お酒が入り、面白い話が噴出。大変だが楽しいプロジェクトだと実感した。

by 江副 直樹 2010-12-9 23:11