ここから本文です

昨日からずっと雨。これで気温が低かったら、大雪になるところ。それも楽しいけれど。

今季はまだソリ遊びをするような雪は降っていない。積雪は何度もあったが、いつもうっすらと谷を覆うばかり。毎朝、こうして自然の佇まいを見て、感じて、もの想う。雪が入り口になったり、雨がきっかけになったり、晴れた日は朝陽を眺めて、日々雑感が巡る。

複数のプロジェクトが動いているのはもう習い性になった。大きなプロジェクトだけで、10案件近くが同時進行している。その中に、それぞれ多様な制作物やイベントが立ち上がっていくので、次々に別のことを考え、判断し、決断する繰り返し。これらが仕事の表層だとすると、底にはずっとより深い課題が溜まっていく。思考の半分は、そちら側にある。
現状は何故にこの現状に至ったか。解決できない理由はどこにあるか。組織はなぜこう反応するのか。人はどうしてそう感じるのか。世を俯瞰し、人情を読んでみる。なんだか、偉そうで、仙人のようでもあるが、結局変化を起こすのは、このあたりからなのだ。アイデアだけではブレイクは無理。世は欲望と感情でできている事実を、今朝も思い起こした。

今週前半は、元気計画で久々に研究会講師を務めた。後半は新居の打合せも控える。

山茶花の花びら。

雪の結晶がそのままになっている。冷え込んだ朝は空気の乾燥がひときわ激しい。

クローバーが。

枯れ模様の草地にも、必ず常緑の種類が混ざっている。寒くないのだろうか。

枯葉に雪。

庭のケヤキがまき散らした大量の落ち葉に、そっと積もった風のない朝。

玄関前の葉蘭。

カメラを持つ手が冷たくなってきた。そろそろ部屋に戻って珈琲を飲むか。

by 江副 直樹 2013-2-6 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki