ここから本文です

晴れの日曜日。出張に飛んだ女房様の留守を預かる数日。外はいい天気。

子どもの頃から、自然は好きだった。虫や魚、小動物に惹かれるのは、少年の健全な欲望だ。野山のものなら捕獲と飼育を繰り返し、うさぎやニワトリやハトは、いただいたものを小屋を作って飼ったものだ。なのに、樹木草花の名前にはとんと無頓着だった。

大人になって、川に通うようになると、周辺の木々や草花の名を言えない。人が植えた畑の作物でさえ種類がわからない。あまりに何も知らない。いつの頃からか、いくら世間の先端情報を知っていても、身の回りの自然のことをわかっていないのは、どうも順番が逆さまのような気がし始めた。流行の店を知ることも悪くないが、そうではない知識がある。
徐々に覚えるようになったが、加速したのは意外にもFacebookを始めてからだ。毎朝、一枚の写真を挙げる。野のものが多い。花や木が混じる。すると、名前を言いたくなる。最初は、投稿上で尋ねていた。詳しい方がご教示くださる。さらに、検索でも殊の外辿り着ける。ついでに、鳥の名前も覚えたりして、僕の歳時記は多少厚みを増したようである。

明日は、今期初の未来デザインステージ。大阪から三木健氏をお招きする。楽しみ。

数年前に覚えたテイカカズラ。藤原定家に由来するらしい。白い風車のような花弁。

花カタバミ。カタバミは、黄色い小さな花だが、こちらはピンクの一回り大きな花。

これはつい先日わかった、栴檀の木。双葉より芳しというあの木。意外と多い。

某所で教えてもらったエゴノキ。下向きに白い可憐な花を咲かせる。散り方もいい。

 

 

 

 

 

by 江副 直樹 2015-5-17 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki