ここから本文です

美と科学。

2017.4.29

学生時代、数学や物理の成績が酷かったことがトラウマになり、理系にはどうしても苦手意識がある。その一方で、その世界の数式にも美醜が存在するなんて聞くとドキドキする。細部はわからないのに、本質に興奮する。科学とクリエイティブには同質のなにかがある。

両者の共通項は、「解決」だ。科学は、森羅万象を相手に、気の遠くなるような課題を詳らかにすべく、地道な日々を捧げ、ときに劇的なステップアップを起こす。一方、クリエイティブは、社会の課題を感覚野にまで深く訴えることで改善策を提示する。どちらにも通じるのは、美しい解き方が存在するということだ。同様の成果なら、それは美しい方がいい。
同じ答をもたらすなら、解決の最終型は、複雑よりもシンプル。ハイテクよりもローテク。デジタルよりもアナログが優れているはず。ここは美の重要な要素だ。FILTOMの尾池博士との仕事の中、あるいは筒井花火における東京大学井上准教授との対話で、この確信は強まった。美しい佇まいを伴った答を、詩を書くようにさらりと示したいものだ。精進精進。

PD膜分離の解説で腎臓模型をさっさと手作り。材料は100円ショップで。

左が尾池博士。詐欺師の尊称を持つ。それを支えるエンジニアの竹下社長。

高感度+超高速撮影で見えた線香花火の爆発。シャボン玉と同原理とか。

東大キャンパスを案内する井上准教授。手前は筒井花火の今日子さん。

by 江副 直樹 2017-4-29 6:06