ここから本文です

久々の竹田泊は、雨音で目が覚めた。冷たい雨を受けながら、冬に入った高原を抜ける。

行き先は八女市立花町白木。旧大内邸がある。代議士として普通選挙法成立に尽力した大内暢三を輩出した大内家の屋敷は、明治期に建てられた見事な日本家屋だったが、時を経て廃屋同然になったその建物を地元有志が復興し、新たな歴史が始まった。

その活動の中心になったのが、田中真木氏。御年70?歳。いまも運営の要として、お得意の料理を提供し、数多くの熱狂的ファンに囲まれている。地元で生まれ育ち、ごくごく普通の主婦をしていた真木さんだが、僕がいうところの魔女である。ディテイルはわからずとも、どんなものでも類い希な直観で本質を押さえる永遠の少女。今回の一方の主役。
片や、生産者やシェフ、デザイナーが加わって結成したアグリオールスターズ。1年を通し、ときどきの食材を使った料理会を開催してきた。旧大内邸、AASともに九州ちくご元気計画の研究会でのお付き合いでもある。今回はこの両者のコラボ企画。若いAASを真木さんが応援する。今後も続いて欲しい素晴らしいイベントだった。ごちそうさま。

明日は某所でコピーなどの制作指導と学校の授業。ともに学ぶ姿勢でいくことにする。

挨拶をする真木さん。

今回前面に出る鎌浦君とともに、冒頭の挨拶をする、ご当主田中真木氏。

おむすび隊登場。

新米を素材に組み立てられたメニュー。AASが自らおむすびを握った。

絶品おむすび。

米の旨さを引き出すために羽釜で炊いた。トッピングは柿豚味噌。旨い。

50人を超えるゲスト。

真木さんのファンは多い。今回もあっという間に定員に達した。

by 江副 直樹 2011-11-23 22:10