ここから本文です

昨日からずっと降っている。久しぶりのまとまった雨。田畑に河川に慈雨となるか。

ここ数年、プロジェクト数が増えすぎていた。増えることを決して良しとはしていないが、ありがたいオファーが相次いで、いつの間にかこうなっている。俯瞰はプロデュースの基本だが、一方で現場のディテイルはとても重要な要素だ。その距離が離れ過ぎる感あり。

規模が大きくなれば、直接のコミュニケーションが減り、間接的関わりがどうしても多くなる。離れれば広く見渡せるが、ディテイルへの関与が勢い希薄になる。地域系で言えば、複数のプロジェクトで、100を超える研究会や講座が動き、派生するイベント企画やいくつもの制作物を、本来のコンセプトに従ってコントロールしなければならない。それが本筋。
しかし、物理的な限界は当然あるわけで、現場から遠ざかり、ディテイル監修は疎かになる。それでは、めざす全体は構築できない。研究会や講座でも、参加者や講師との接点を深めないと、結果全体の精度を保つのは難しい。今期は、より現場に足を運び、自ら講師にもなる機会を増やす。直接でなければ伝わらないことがある。少しずつ距離を取り戻せ。

今週は、日田とか上毛とか生協とか、近場をぐるぐる。今回は早々にアップと行こう。

農園主の休息。

遅まきながら淡路を巡った。島イチジクを育てる大村君。事業開始時から頑張っている。

北坂養鶏場。

前日のトークでもご一緒した北坂氏を訪ねる。見学者への見事なプレゼンに感心した。

藤本水産。

淡路名産の釜揚げシラスの干し場を見学。壮観。シラス丼もご馳走になってしまった。

ティータイム。

淡路との繋がりを作ってくれたノマド村へ。Werner手ずから珈琲を淹れてくれた。

by 江副 直樹 2014-6-22 10:10