ここから本文です

災害掲示板。

2016.4.26

熊本の地震は、想像以上に爪痕を残している。これは現実のことなのだ。

世の中の大きな災害を見聞きすると、ただ呆然とする。当の被災者の皆さんには言葉もない。途方に暮れる。迅速に動く友人たちを遠くから見るだけ。僕にはなにができるのか。いま取り組んでる仕事を放り出して行くのも違う気がする。さあ、一体どうすれば?

さまざまな情報が錯綜し、大小の支援ルートが乱立する。現地では、善意の大渋滞が起きてしまったり。一方では、さまざまな自粛の空気が広まり、SNS上では、不謹慎狩りが横行することも。できれば、仕事を通じて支援の一端が担えればいい。ボランティアは尊いが、負荷はそれなりにのし掛かる。仕事なら殊更の無理が減り、結果、継続性が高まる。
いま、コープ九州と一緒に取り組んでいるCOOP WEBLABO。広義の情報編集により、サイトを越えるサイトをめざしているが、ここに災害支援ページCOOP EMERGENCYを立ち上げた。これまでの各地の災害支援で、めざましい活動を行ってきた生協。その公共性と信頼感を背景に、誰もが覗ける災害掲示板。徐々に充実させていければと思っている。

今日は井上酒造の定例会議。ぐっと未来が見えてきた。今週は筒井花火定例も。

情報編集がCOOP WEBLABOの本質とすれば、緊急情報の発信は不可避。

COOP WEB LABOは、生協価値の再構築を掲げて、過激に進化中。

by 江副 直樹 2016-4-26 21:09