ここから本文です

海から遠く。

2015.7.28

昨日からまた淡路島に来ている。海は海水浴客で賑わう。真夏はここにも。

海水浴には何年も行っていない。釣りが本業と言いながら、それは川のことであって、海釣りは海水浴と同じくらいしていない。そもそも、海に近づくことが年々希になっている。12年間の山暮らしが、それを決定的にしたのかも知れない。僕は山の人なのだろう。

南の島に惹かれていた時期もある。いつも洗いざらしたTシャツと短パン、足下はビーチサンダルを常用する暮らし。いい波が立ったらサーフィン優先で過ごすリラックスライフ。しかし、沖縄やハワイ、石垣島などに旅をしても、僕は想像していたほど感動しなかったのだ。どころか、違和感さえ感じるようになっていく自分に、心の中で戸惑っていた。
そして、釣りや山登りと並んで、自然と一体となるとても魅力的なスポーツだと思っているサーフィンは、結局手が出なかった。さらに、気づいたら山奥の村に棲みついて、いまは九州のへそのような盆地に暮らしている。だから、たまに淡路の穏やかな海岸を歩くと、非常に新鮮な心持ちになる。僕と海との距離は、きっとこれくらいがちょうどいい。

今週もなんだかんだと仕事が続く。いつか8月はまるまる休みにしたいと思っている。

常宿のホテルの前は美しい砂浜。裏山に登らないときはここをゆっくり歩く。

夏は散歩用の一式を持参して、普段と変わらない気分で散歩を楽しんでいる。

 

 

by 江副 直樹 2015-7-28 22:10