ここから本文です

桜花繚乱。

2018.4.2

毎年のことなのに、幾度となく味わっているのに、春の終わりに心が波打つ。桜はなぜこうも扇情的なのだろう。好きな言葉に、花は桜木、人は武士。というのがある。花の中では、桜に最も気持ちが踊る。なぜだか自分でもわからない。子供の頃からずっとそうなのだ。

幼児期に暮らした佐賀のお寺。その本堂の右手に老木があって、春はその下で、淡桃色の絢爛を見上げていた。背景はきっと青空だったに違いない。何年前か、日田の少渓流で毛鉤を投げた後、川沿いの田舎道を下っていたら、古く小さな小学校の入学式に出くわしたことがある。桜吹雪の中、垣間見たほのぼのとした祝い事の美しさ。決して戻らない時の儚さ。
いまの自宅は、桜並木の奥に佇む。満開の時季には、それなりの人々が訪れるが、朝晩はその気配も消える。朝の散歩や、夕餉の後の散策で、存分に味わう時間の心地よさ。満開は散り始めでもある。咲く桜。散る桜。そして敷き詰められる桜。それぞれに心はときめく。冬を過ぎて、葉も出ないうちに突然世間を染めるように咲き乱れる桜。初夏はもう目の前。

家の先を横切る疎水沿いの桜並木。齢を重ねて、充分なボリュームを魅せる。横は弓道場。

家の前の老木の連なり。その中でも最も好きな枝振り。目に焼き付けておきたいバランス。

夕刻、沈む夕陽にひと房をかざしてみる。辺りに人は消え、桜本来の佇まいを取り戻す頃。

誰が呼んだか桜吹雪。満開に至ればすでに落花も始まっていて、足下もピンクに染まる。

by 江副 直樹 2018-4-2 14:02 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki