ここから本文です

今日から東京。足腰の強い残暑がいまだ汗をかかせる。明日から冷え込む模様。

早くも3年目に入った九州ちくご元気計画。雇用創出の公共事業としては、かなりユニークな取り組みをしてきた。ここへ来て、商品開発や情報発信、販路開拓が徐々に進み始めている。今回、東京でプロジェクトとしては初のお披露目を行った。

イベントの様子については、広報部長の白水君がいい写真とともに、詳しくアップしてくれるので、僕はそれ以外のあれこれを綴ってみようと思う。この度、会場になったラ・ケヤキは新宿のど真ん中にありながら、新宿御苑の森に続く希有な場所。数年前から、東京柿豚会をここで開催していることもあり、会場候補の筆頭に考えていた。
初めてのまとまったお披露目とあって、元気計画のスタッフも、ラ・ケヤキのスタッフも獅子奮迅。骨格は用意させてもらったが、手の回らないプロデューサーに代わって、実に良く動いてくれた。20代の若者も何人もいるが、経験を重ねる度に頼もしく成長してくれて、僕は大いに助けられている。その実感を新たにしたイベント初日だった。

初日は多数のメディアの方々にお出でいただいた。明日の2日目も楽しみだ。

庭で受付。

東京半常駐でライブなどの準備に当たってくれた由紀さんと塚本君(奥)。

荷造りもひと仕事。

広報部長を担う若き白水君。デザインも写真もこなす。頼りにしてるぜ。

いらっしゃいませ。

普段は事務所で働くおりゅうちゃん。たまにはこんな場所もいい。

もう1人の坊主頭。

バーコーナーを切り盛りする春口君。白水君と並ぶ古参スタッフ。

by 江副 直樹 2011-9-30 22:10