ここから本文です

暑さはうなぎ上り。ついに全国最高気温でニュースとなった日田。夏恒例。

夏空が広がった月曜日、久しぶりのここのえ低山部で、隣町の玖珠にある万年山(はねやま)と伐株山(きりかぶやま)に登った。と言っても、そこは低山部。まず万年山の9合目にある駐車場にクルマを置き、思わぬ絶景とミヤマキリシマをしっかと楽しんだ。

メンバーのいつもの関心事。ランチの場所を検討の結果、目と鼻の先の伐株山の頂上へ向かった。見晴らしのいい目的地に着き、クヌギの木陰に陣取って、おもむろに準備。手ぶらの僕が恥ずかしくなるほど、各自気の利いたメニューを用意していて、ポトラックパーティさながら。開き直って、ひたすら美味しくいただくことにした。風が実に心地よい。
標高と志が低いとうそぶく低山部だが、食とそのいただき方へのこだわりは激しい。この日は、焼肉に始まり、ピースご飯、鶏とタマネギの蒸し物、ミネストローネスープ、ホットサンド、蜜柑とメロンのデザート、そして珈琲。これらを、揺れる木洩れ日とそよ風のなかで満喫した。山とか鳥とかブランコとか、数多くの愉しみに画竜点睛。ごちそうさま。

明日はヤブクグリの九州民謡ツアーが日田寶屋で開催。新民謡の披露が待っている。

玖珠盆地を見下ろす木陰で、珈琲を淹れる。どこで誰と飲むかで味が変わる。

BBQを段取るY部長。自宅からここまでわずか15分という果報者。うらやましい。

ダッチオーブンを担いできた強者O隊員。あっという間に美味しい料理が完成。

満を持してホットサンドを繰り出した有名パン屋のU隊員。シンプルだが美味。

by 江副 直樹 2015-5-29 21:09