ここから本文です

ブログをもう長いこと書いている。最初の記事は、2006年の3月4日付け。今年で11年目。投稿頻度には変遷があって、初期は2日に一度。年々、忙しさが増し、それに従ってペースは落ち、今年に入ってからは、ついに週に1回程度となった。この投稿で1298話目。

自分の暮らしを晒したいわけではない。プロデュースというほぼ謎の仕事をなんとか伝えたくて、HPを作り、その行間を埋めるようにブログを書き始めた。そして結局、わが生活にも言及することになった。それでも伝えきれず、Facebookとinstagramも操る羽目になっている。日々の営みに触れることなく、仕事とそれを支える価値観を説明できないから。
エキサイトblogから始まり、オリジナルになったが、スタイルは基本変わらない。何人ほどの人が読んでいるのか、あまり気にはならない。たまに、昔から読んでいますという声をいただく。それで充分。本にしてみたいと思うことはある。500話ずつでも2冊になる。いやいや、そんなに読者はいないだろう。そもそもが問わず語り。次もまたこの調子で。

始まりはここから。福岡県東峰村。築80余年の農家からの第一話。

生活のスタイルも、発信のスタイルもここでできあがったのかもしれない。

暮らしながら書き、書きながら考えていた。言葉化はすべての鍵だもの。

この場所で、このMacで書いていた。街のマンションとは別の世界だ。

 

by 江副 直樹 2017-11-24 22:10