ここから本文です

雨の気配を残しつつも、晴れの日が増えてきた。高気圧と低気圧がせめぎ合う。

スノーピークという会社の存在はもちろん知っていた。国産メーカーの中では、テーブルセットやテントなど、美しいプロダクトをつくるところというイメージを持っていたが、釣具メーカーほどの接点はなかった。そのスノーピークが日田に来るというではないか。

なんでも、衰退したキャンプ場とその周辺施設の指定管理者に手を挙げるらしい。そんな話を耳にした折も折、低山部つながりから、ある女性が我が家を訪ねることになっていた。そこにたまたま同行した青年がいて、それがキャンプ場の支配人だと知ったときはちょっと驚いた。何も知らずに知人に連れられてきた彼もまた、僕の仕事内容にビックリしたらしい。
会話はとても楽しくて、日田進出に立候補したこと、夫婦で日田に来てまだ4日目であることなど、いろいろなことを話し合った。現地は、我が家からクルマで30分。別世界のような山上にある。改めて同社HPを拝見。共感すること多々。最近では、建築家の隈研吾氏にテントデザインを依頼して話題になった。日田の山の上がぐっと楽しくなりそうだ。

今週は新たな相談があったり、既存プロジェクトの今後の話し合いだったり。

奥日田には、3つの津江がある。前津江、中津江、上津江。ここは前津江。

グッズを売る店の一角に読書コーナーがある。カッコーの声が聞こえた。

来年の弊社20周年記念を、ここでやれないかと考えている。いいよねー、ここ。

晴れた日はこんな景色が広がる。次男はこのテントが気に入った様子。

 

 

 

 

by 江副 直樹 2015-7-20 21:09