ここから本文です

抜けるような青空は縁遠くなる冬の朝。曇りや雨に木枯らしが加わって、正月はもうすぐ。

昨晩、淡路から大牟田経由で帰宅。考えてみると、これが今年最後の出張だった。ここ数年の傾向だが、旅から旅の旅ガラス。多いときは外泊が月の3分の1前後。主に、クルマ、飛行機、新幹線を乗り継いで、行ったり来たりの東奔西走は、来年も続きそうだ。

ありがたいお声掛かりがあって、北へ、南へ。元々クルマの運転は好きだったが、決して旅行好きというわけではなかった。それが、いつの間にか移動や外泊が負担ではなくなって、と言うか、意外にも楽しく思える瞬間が増えてきたりして、近頃は極々自然に出掛けることができるようになっている。慣れたのか。身体のどこかにノマドな素質があったのか。
出先でもまったく自宅と同じように仕事ができるIT技術の進化は大きな変化だと思う。生活の拠点は、仕事のカタチに縛られなくなった。僕は山や川のそばに暮らし、ローカルの富を満喫し、仕事になれば多様なクライアントのいる各地に向かえば良い。今年もたくさんの人の繋がりをいただいた。来年は、更にどんな縁が紡がれるのか、楽しみでならない。

例年、リセットのために、冬休みは長めに取る。プライベートの外泊は今年も後数日。

仙台空港。

あの忌まわしい震災後、初めて東北を訪れた。僕に何ができるかはまだわからない。

沖永良部島。

鹿児島には2回行った。初の沖永良部の海は碧く美しかった。年明けにもレクチャーで。

JR京都駅。

ヤブクグリの頭目、牧野伊三夫画伯の個展に駆けつけた。とんぼ返りの京都行き。

渋谷の定宿。

東京通いはもう3年が終わろうとしている。来年はそろそろ結果を出していきたい。

 

 

 

by 江副 直樹 2013-12-18 22:10