ここから本文です

文化の異臭。

2016.6.29

朝、雨の合間を縫ってジョグ。出張前の僅かな時間にコツコツと。

文化である。裾野も頂も見えない広大無辺。玉石混淆。しかし、そこに関わりたいという人は多い。豊かな暮らしが欲しいのか。善行の空気が漂うからか。高尚な気配に満ちるからか。時々、そうした感覚が鼻につくことがある。違和感に包まれることがある。

文化の対極は経済だろうか?経済に寄るより、文化に足場を置いているほうが、聞こえはいい。僕の違和感はの出所は、恐らくここ。花より団子という言葉がある。花を愛でる風雅より、食欲になびく露骨を揶揄した慣用句。僕はこのフレーズをもじって、「花は団子を食べながら」ということがある。経済と無関係に僕らは生きられない。文化もまたそうなのだ。
経済優先というニュアンスとも違う。営みのカタチ、お金の稼ぎ方、その使い方。その佇まいが文化と呼ばれるのではないか。僕らは、どこをめざして生き、どんなニーズに応えて対価を得、それを何にどう消費するのか。その有り様が文化なのではないか。文化は経済から離れた位置にあるわけではない。経済と文化はきっと合わせ鏡。そんなことを考えた。

今日から東京。目黒雅叙園のイベントに、筒井花火が出展する。その準備など。

自分の生業が、結果として文化をかたちづくることができればと。

食べるための仕事の懺悔のように文化と関わるのは避けたいものだ。

by 江副 直樹 2016-6-29 22:10