ここから本文です

氷点下の朝。霜と氷が支配する時間。あと、数日でヤマメが解禁なのに。

スロージョギングを始めて、もうすぐ満6ヵ月。最初は毎日。その後、ベテランランナー達にたしなめられて、週2の休みを入れるようにした。いまは、基本3kmを走る。可愛いものだが、徐々に脚がしっかりしてきているのがわかる。無理せず続けたいと思う。

それまでは、散歩が日課だったのだけれど、ジョグは散歩に取って代わるものとの思い込んでいたから、走る日は散歩をしなくなった。すると、散歩の折りに興味に任せて撮っていた朝のFB用写真が、撮りづらいことに気付いた。散歩なら、道も森も空き地も関係なく、好きに踏み込んでいたものが、コースを辿るジョグだとどうしてもその周辺に限られる。
被写体を追っていくとジョグにならず、忠実に走ると被写体が減っていく。そうか、散歩とジョグはこうまでリズムが違うのか。そんなわけで、近頃は時間があれば、朝は散歩、その後タイミングを見て走っている。贅沢な話だが、デスクワークの日などは、それくらい動いてちょうどいい。散歩とジョグ。それぞれ大事なんだな。さあ、今日はいつ走ろう?

今日は生協の戦略会議の後、急遽筒井花火で日仏の物理学者と食事会。超絶刺激の夜。

ジョギングシューズだとこうはいかない。それぞれをわきまえて参ろう。

裸足感覚で走れるNIKEのフリー。それだけに森に踏み入るなどは憚られる。

 

by 江副 直樹 2016-2-26 22:10