ここから本文です

引退間近。

2012.4.19

高原でも桜は終盤。平地では雑草たちがにわかに勢いづき、ついにわが世の春。

相変わらずの移動が続く。わがsmartは丸4年を超えて、早くも15万kmが迫ってきた。高速道路のお世話にならない日がないほど、西に東に飛び回っている。可愛いい割に、タフネスを誇った愛車も、さすがにこの半年は、あちこちにほころびが出始めていた。

大好きなクルマだが、愛玩用ではない日常不可欠の足としては、しばしば不安が見え隠れするようになった。ラテン車マニアのような、トラブルを楽しむほどの余裕はない。いまもエアコンが不調だ。修理金額は加齢とともに上昇する。しばらく前に新型が登場。デザインは思い切りがなくなったが、排気量が700ccから1000ccに上がり、諸々の安定感が増した。
燃費もさらに向上し、常に20km/lを超えると聞けば、遠乗りの飛ばし屋としては食指が動く。とは言え、まあそのうちとたかを括っていたら、状況があれよあれよとそのようになって、いまのsmartの引退が確実になったのである。GW明けには、ウルトラマンカラーの新型がやってきて、八面六臂の現ケロヨン号は、花道を引き揚げる予定になっている。

元気計画の報告書が大詰め。生協のカタログプロジェクトは分岐点。集中力。

いろんなところへ行った。

スウォッチが企画して、メルセデスが生産するユニークなコンパクトカー。

高速移動の日々。

1日100km移動もそう珍しくはない。ここ数年は福岡、大分が主な移動範囲。

朝な夕なに。

夜となく昼となく。春夏秋冬の偏りなく走り回る。走りやすさは必須条件。

釣りでも活躍。

もちろん、釣りでも。春のヤマメ。夏の鮎釣りも申し分のない働きぶり。

 

by 江副 直樹 2012-4-19 22:10