ここから本文です

広報の再考。

2017.3.20

情報発信の重要性を説かない日はない。どんなに見事な商品やサービスを持とうが、世間に知らせなければ、それは無いのも同じ。現代は、HPがあり、SNSがあり、実に発信のしやすい時代。これを活用しない手はない。云々。などと他人様には言っておきながら。

現在のHPを作ってしばらく経つ。ブログ中心の簡易なそれ。キャパの小ささを理由に、わかる人だけわかってもらえればと高を括っていた。関わるプロジェクトも、概要を書くに止めており、実に不親切な内容に甘んじている。近頃、心境が変わり、もう少し詳細を詳らかにしようと思い始めた。設立20年目にして、パートナー的新スタッフが加わったこともあり。
プロデュースには、必ず関連する制作物が発生する。印刷物から、いまなら不可欠のweb、商品開発をすればパッケージが伴うし、空間整備やメニュー開発に取り組むことも少なくない。現状では、それらがほぼ見えていない。データや写真は残している。全貌を伝えてこそのプロデュースでもあろう。作業量を思うと目眩がするが、機は熟したと覚悟を決める。

ブログを書けば一新される現HP。仕事の情報量は決して多くない。

日々のFBに加えて、仕事の詳細を掲載するFBページ。更新が追いつかず。

HP、FBに加えて、インスタグラムも併行する。これはこれの役割が。

リアルなコミュニケーションのバックアップとしての広報戦略を。

by 江副 直樹 2017-3-20 20:08