ここから本文です

随分暖かくなった。この冬ずっと愛用した長袖下着とも、そろそろおさらばか。

4/1。ウソのようなこの日に、新しい事務所が正式オープンした。九州ちくご元気計画の二つ目のオフィス件ショールーム、通称「実現事務所」である。陽光降り注ぐこの日、真っ白でモダンな空間に関係者が集い、晴れがましいセレモニーを行った。

設計はケースリアルの二俣公一氏。空間からプロダクトまで能くする俊英で、ときどきご一緒している。この手の事業の常で、予算をはじめ甚だ厳しい条件下であったが、実に魅力的な答を出してくれた。元気計画のオフィスであり、ショールームであり、会議室であり、イベント会場である多機能空間が、いよいよ新拠点として発信を始める。
白く塗られた空間は、たけた食育ツーリズムの「エリアラボたけた」と兄弟のように仕上がった。ALTを手がけたのは、塩塚アトリエの塩塚隆生氏。大分で活躍中の建築家である。力量豊かなお二人が、類似の過酷な条件に対して出した解答が似ているのは、合理的な思考の証だろう。実現事務所もALTのように人々を惹き付けんことを願っている。

今月から東京で始まる予定の定例会議が、この度の震災で延期。他人事ではない。

白を基調に。

ファサードにはちくご元気計画のネオンサインが。撮影:水崎浩志

商品が映える。

什器もALTと似ている。最適解はあるものだ。撮影:水崎浩志

元スポーツ店。

エリアラボたけた。地元の元気創造機構としゃれてみた。

夕刻のALT。

事業は終わったが、新市長の下、農村商社に引き継がれたALT。

by 江副 直樹 2011-4-1 22:10