ここから本文です

雨、雨、雨。激しい雨が降り続く。棚田も山々も充分に水気を溜めたと思われる。

子供ができるのがとても遅かった。願って授からなかったわけではないが、あれやこれやで、人並みになったのは随分と齢を重ねてからだ。孫と見紛う関係で子育てが始まり、遅まきながらさまざまな経験をさせてもらっている。

歳のいった親だから、溺愛に走るかと思えばさにあらず。この時代にあって、比較的厳しく育てられている方だろう。現在小学5年生の長男は、いまだゲーム類は一切買い与えられず、4歳の次男共々山の上の旧い日本家屋で暮らしている。塾は知らないが、家族でスイミングクラブに入り、中でも長男は週4日は数㎞を泳ぐのが日常となった。
一方で、海外も含めて出張には家族で出掛けたり、釣りを筆頭にアウトドアにも幼い頃から馴染んでいる。 頑健な身体と読書の習慣さえ身につけば他は望まない。もっとも、我が家で子供が王様になることはない。常に親のペースが優先され、子供が主役の日は多くはないのだが、子供のために家族が動く。まさに今日はそんな1日を過ごした。

明日から怒濤の一週間。タスクの全容を正確に把握することから始めるとしよう。

水泳大会へ。

篠突く雨の中、一路大分佐伯へ。今日は長男の水泳大会なのだ。

応援席も賑やか。

大分全県から集まった子供から大人までが、各種目で競い合う。

釣りでもないのに。

佐伯総合運動公園は山間にあった。釣りでもないのにこんなところに。

帰路、雨が上がった。

日田の街が見える頃には雨は止んだ。さあ、晩ご飯はどこで食べようか。

by 江副 直樹 2011-6-12 22:10