ここから本文です

土曜日。週末は寝坊が通例だが、涼しいうちに散歩。蝉時雨。

20日は小学校の終業式。早くも夏休みの企てが立てられた。翌日、豊後大野のキッチンウスダで、カメロンを作るパン教室があり、母子でそれに参加しようという目論見。僕は僕とて、同じ日にお隣の竹田市で仕事が入っており、ならば家族で前入りということに。

僕は午後遅く福岡市内で授業を終えて、現地まで3時間のドライブ。母子は帰宅した次男を待ち構え、別ルートからのアプローチ。臼田邸は、市街地からは遠く離れた自然の中にある。夜ともなれば、周囲は真っ暗で、初めてだと迷いそうなロケーション。それだけに、セルフビルドのウッディでセンスのいいご自宅にお邪魔すると、なんとも贅沢な気分になる。
すっかり暗くなって、現地に到着。ご褒美は、冷えた白ワイン。すでに寛いでいる妻子。オリーブ、チーズ、そしてパスタ。街の喧騒は遙かかなた。眠くなるまで、ただただリラックス。お泊まりは、宮大工のお父上が建てたという離れの倉庫。朝まで心地よく休ませていただいた。翌朝は、ひとりクルマを飛ばし、いつもの川の撮影に行った。それはまた後日。

明日は未来デザインステージ。ゲストのミハラヤスヒロ氏とは久々の再会。楽しみ。

朝の宿泊棟。もちろんエアコンはないが、蚊もおらず快適。お世話様。

この空間にこの食事。極楽極楽。背中は臼田ご夫妻。旦那とは釣り仲間。

お手製ジェノベーゼ。大好物なので、満腹だったが、構わずいただいた。

翌日のカメロン教室の最終段階。凶悪な親子亀が完成。食べると美味だった。

by 江副 直樹 2016-7-23 22:10