ここから本文です

先週は30℃超の真夏日もあったが、平年並みに戻り、薫風の中、世間はGWへ。

金曜日は2ヵ月に1度の、別府山田別荘の定例会議。昭和初期に建った別荘が宿として時間を重ね、縁があってプロデュースをさせていただいている。とっかかりは、05年。あっという間の7年目。途中、休止していた時期もあったが、昨秋からまた復活。

商品やサービス、情報発信、空間整備の3要素を、その紐帯たるコンセプトを整理整頓しながらいじっていくのが、Bunboの方法論。これまで山田別荘では、ロゴ、リーフ、HPなどの広報、朝食メニュー開発などの商品、小物、家具、照明などの空間改修を、時間をかけながら取り組んできた。客層も徐々に変わり、認知はかなり広まったと診ている。
家族経営の旅館なので、大きな資金で一気にという力業は似合わない。規模の大きな企業とは根本的に異なる進め方が必要になる。少しずつ粘り強く、微細な変化を積み重ねるのだ。新しい微かな流れが、徐々に力強い大きな流れに変わっていく。ようやく2期目を迎えたいま、若干ペースを上げていければと思う。女将さん、覚悟はよろしいか?

明日から5/6まで会社は休み。もっとも、途中仕事の訪問者が数件。ま、いっか。

陽光を浴びる旅館。

ポテンシャルは充分。まだまだたくさんの方々に知っていただきたい。

屋根の改修。

この春は、観海寺の屋根の大改修を行った。何事も少しずつ、少しずつ。

天井も修復。

雨漏りで痛んだ部屋天井も杉の無垢材で修復。次は照明を変えなければ。

下駄箱用室名サイン。

室名札とキーホルダーを杉のキューブで製作した。いい味になってきた。

 

by 江副 直樹 2012-4-28 22:10