ここから本文です

梅雨が明けた。関東などに先を越されたが、ようやくの夏の始まり。涼しい朝。

誰もがそうであるように、ぐるぐるといろいろなことを考え続けている。僕は心に引っかかった事象は、取りあえず合切袋に投げ込んでしまう。そこで、じっくり発酵させながら、熟成なり変異を待つ。本質を紡ぎ、簡易な表現まで辿り着けたら御の字。

例えば、僕のプロデュース手法は、どなたかに指導を受けたものではない。公私の境なく、抱える問題意識になんとか結論を出そうともがいた結果のひとつである。企業でも地域でも、商品>情報>空間の3要素がこの序列で成り立ち、3つが重なる中心点にコンセプトがあると考える。ディテイルの引き出しの数より、あくまで原則論を重視する。
さらにその前段には、そもそも論がある。人は感情と欲望で動く。人は急激な変化より緩慢な死を選ぶ。世の中には習慣をつくる人と守る人がいる。エゴも壮大になれるなら善になる。などなど。日々の仕事は、最終型まで仕上げるが、大半はこうした抽象思考に費やされているような気がする。鍵は結局、OSのパフォーマンスだと思うのだ。

今日は朝、草刈り。午後からは前崎君一家がご来庵。かやこもでのんびりしよう。

何を見るか。

誰かが用意したところには、なぜか入っていきたくないと思う。

要は解釈。

類型的イメージに引っ張られるのは危険だ。独立独歩の志を。

リスクを避けない。

実績のある安全な方法を探して、新しいことをしようなんて傲慢。

どう感じるか。

価値の目盛りをどう刻むか。他人様のそれを身につけるのは愚かしい。

by 江副 直樹 2011-7-10 8:08 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki