ここから本文です

夜、庭から谷間を見下ろすと、数匹のホタルが飛んでいた。今季初ホタル。大好き。

東京から戻って、福岡にもう一泊し、今夕村に帰り着いた。釣り場の近くに居を定め、優雅とは言わずとも、のんびりと庵で日々を過ごすはずが、ここ数年の忙しさはちょっと想定外。しかし、やりたい仕事が向こうからやってくるのは幸福と言うべきだろう。

エフコープから小さな媒体のリニューアルのオファーがあったのは、もう6年ほど前になる。僕の僭越な課題指摘がきっかけで、広報戦略プロジェクトが発足し、コンセプトワーク、企業メッセージを訴えるマス広告、意識啓発を狙ったインナーキャンペーンなどを実施。昨秋、エフコープとの契約は満了になったが、生協との縁は切れることはなかった。
九州全体の生協が集まったコープ九州事業連合から、コンセプトメイクをサポートして欲しいと依頼があったときは、ちょっと感動した。さらにこの春からは全国組織である日本生活協同組合連合会とも仕事が始まり、慣れない東京通いが決定。僕は常に生協のポテンシャルとその具現化を唱えてきた。共感が広がっていることを、とても嬉しく思っている。

明日は九州ちくご元気計画の筑後巡り。夜はリバーワイルド柿豚会議。

キーワードは非常識。

ずっと生協の価値を再構築するつもりでやっている。まだまだこれから。

ただの流通業ではない。

生協だけの特性を自覚し、生協ならではの方法論を築かなければならない。

現在進行形。

そのうち露出が増えるかも知れない新たなモチーフ。いまは少しだけ。

生協も悩んでいる。

生協が変われば日本が変わる。そんな大きな可能性がひしひし。

by 江副 直樹 2011-5-25 22:10