ここから本文です

暑くもなく寒くもない。ちょうどいい季候。始まった紅葉もこれで少し足踏みか。

えーと、昨日は何をしたっけ?で、明日はどこだったか。などと、慌ただしい日々が続く。そんな中、時間を作って久々にギャラリーなんぞに足を運んだ。福岡県八女市にあるギャラリーなかむらで、デザイナーの前崎成一氏の個展が開かれている。

たけた食育ツーリズム九州ちくご元気計画で、いくつも仕事をご一緒する前崎君。若手だが、デザインセンスの良さは定評がある。今回はデザインワークやその周辺のさまざまな活動のご披露。平日の昼間、いい空間と心地よい作品に囲まれて、短時間ながらノンビリさせていただいた。その後、久留米へ向かい、リノベーションの打ち合わせ現場へ。
こちらは、久々に二俣公一氏と再会。話題の[22]や12月のイベントにも言及しつつ、改修イメージを探る。日が陰り始めて、うきは市のデザインデザイン研究会会場へ。講師の九州工業大学准教授の伊東啓太郎氏と落ち合う。MacBook Airやサーフィンの話。講義は地域らしさのデザインについて。突っ込みたいテーマ続出の2時間。ご来場の皆様には深謝。

明日夜は2010の東京柿豚の会。その前にビッグサイトで移住フェアに顔を出す。

農村の風情が残る土地。

ここへお邪魔するのは6年ぶりくらい。奥深い記憶が更新される。

墨色の空間にて。

古い公民館での講義は刺激に満ちていた。また次回を企画したい。

by 江副 直樹 2010-11-12 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki