ここから本文です

今日午後は汗ばんだ。明日からさらに気温上昇の予報。シャツの出番が増えそうだ。

この3月でプロジェクトが終了したたけた食育ツーリズムもそうだったが、九州ちくご元気計画でも、食関係は非常に多い。農産物、加工品。いつもさまざまな食べ物との出会いがある。もちろん、眺めるだけでは仕事にならない。そう、仕事なのだ。

商品開発の大原則。口に入れるものは、まず美味しくなければならない。身体に良かろうが、地産地消であろうが、おしゃれであろうが、まずい食べ物は、その時点で失格。美味しさを満たされて、その後の要素が付加価値としてついてくると思っている。そんなわけで、試食の機会はことのほか多い。食べてみなくちゃ、なにもわからない。
僕は美食家ではない。育ちも雑な部類で、味の濃いものをつい美味しいと言ってしまいがち。仕事と意識することは、客観性を抱いておくために不可欠の儀式。とは言え、口に合うものを、多めに試食したりすることはもちろんある。そう言えば、今日は熊本鹿北町で、タケノコ料理をいただいたのだった。またしても、仕事でごちそうさま。

明日は人生初の人間ドック。もし不治の病が見つかったら。その時は、皆さんさようなら。

これは旨い。

黒木たかっぽの惣菜。Jさんのセンスをゴトウタカコ氏が磨く。

本当のトマト。

砂地栽培という農法で、人気トマトを育てるでん一農場のTさん。

蒸し野菜。

うきは百姓組の桃の花見では、蒸し野菜の美味しさに目覚めた。

湯豆腐。

秋月とうふ家の売れ筋一番、湯豆腐。セット商品の販売が伸びている。

by 江副 直樹 2011-4-25 23:11