ここから本文です

行き帰りに通り抜けるあちこちの田圃に、レンゲが目立ち始めた。初夏到来。

健康に関心が薄いわけではない。10年前から玄米食だし、暴飲暴食は昔の話。毎朝、体操をしているし、週数回はジムにも行く。早寝早起きが基本で、性格上かストレスに抑圧されることもあまりない。しかし、定期検診の類はほとんど受けたことがなかった。

長きに亘るフリーランス暮らし、法人となってもその実態は変わらずで、会社の健康診断なるものも所詮あちらの話。人間死ぬときは死ぬさと高を括っていて、子供が小さいのもものかわ、もうこのまま逝くつもりでいた。そんなとき、会社の経費活用という思わぬ観点から、国庫に納める一部を、自身のメンテに振り向けようということになったのだ。
誠に不埒な動機ではあるが、齢55と言えば、世が世ならほぼ初老の領域。今後、家族に要らぬ迷惑をかけぬようなどと、人並みの理屈を用意して、唯一の社員である女房と一緒に、いざ病院へ向かった。数時間を経て、結果は上々。ただ、事前の予想通り、鼻から押し込む胃カメラだけは、2度とご免被りたい。あれは、医療じゃなくて、工事だと思う。

GWの鹿児島行きが没となり、作業続きの連休となる予感。天気の良さが恨めしい。

審判を待つ。

いつも覚悟はできているが、この番号はいかにも縁起が悪いじゃないか。

転ばぬ先の。

メンズ?ヘルス?まあ、健康になるんだから、なんでもいいか。

豪華ランチ付き。

終わって、立派なラウンジでご覧のランチ。お代わりすれば良かった。

怖いのは怪我。

去年今年と松葉杖のお世話になった。怖いのはむしろ怪我のほうだ。

by 江副 直樹 2011-4-28 22:10