ここから本文です

朝陽が差して、久々の青空が。でもきっとすぐに雲が出て雨が降る。性格も歪みがち。

わが家は公私が同居している。いわゆる自宅兼事務所というヤツ。僕の仕事は作業スペースは要らないが、打合せはできたほうがいい。公私混同は御免だが、公私同居はうまく行きそうな気がした。それで、パブリックルームと呼ぶ部屋と専用の広い玄関を設けた。

1階の1/3、一部屋は完全にパブリック。リビングやキッチンなど残り1/3が準パブリック。最後の1/3が水回りなど共有領域。書斎、寝室、和室、2つのデッキなど、2階は完全なプライベート空間。駐車スペースに苦労しない環境もあって、引っ越し直後からいろんなゲストが訪れる。部屋の形に合わせて作った細長いハイテーブルで、多様な話題が展開する。
壁面収納には、これまでの仕事で作ったさまざまなパンフやリーフや書籍、さらには関連資料などが収まっている。また、新しいものを中心にいくつか選んで並べてもいる。扉を開ければプロジェクターが仕込んであるが、小さな部屋なのでほぼPCで用は足りており、いまだ登場していない。顔を付き合わせ、本音が行き交い、知恵が溢れる場になれば嬉しい。

明日は高知へ飛んでレクチャー。近頃、あちこちからお座敷が良く掛かるなあ。

リトケイの皆様。

離島経済新聞社の鯨本編集長(右端)は、日田出身。この日はメンバーとともに。

佐賀有田から。

吉永氏(左)は、有田工業高校のデザイン科の教諭。全国イベントの打合せで。

制作物の打合せ。

筑紫野からお運びいただいたデザイナーの前崎氏。実は家の壁画もお願いしている。

矢作設計事務所。

この家を設計してくれた矢作氏(左)と平島氏。この日は車庫と工作室の提案を。

by 江副 直樹 2014-8-26 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki