ここから本文です

またもや、雪。朝、うっすらと新雪が庭を覆っていた。なんなら、春までそのままで。

この年明け、素敵なオブジェが2つ、分母庵に仲間入りした。ひとつは、松岡勇樹氏からの年賀状。中身は同社のオリジナル商品d-torsoのキット仕立てになったうさぎだった。もうひとつは、E&Yから発売されたin the sky。こちらは、二俣公一氏のデザイン。

d-torsoは、松岡氏が発案・設計し、製作販売しているダンボール製のユニークで美しいマネキンである。その会社アキ工作社の社屋を、塩塚隆生氏が設計していることから知ることになり、昨年ようやくお目にかかることができた。国東を拠点にしながらも、ディズニー社とコラボレーションするなど、非常に気になる仕事をされている。
in the skyはモビール。年末のイベントの際にオーダーし、年明けのレクチャーでご本人からいただいた。d-torsoは、長男が組み立てて、事務所のデスク上から東の空を見つめている。片や、 in the skyは、さっそく玄関土間の片隅に吊り下げられ、ゆっくりと揺れ始めた。d-torsoも玄関に移して、一緒に客人を出迎えて貰うとしよう。

明日からまたフル稼働。今年は体調管理を万全に、さらに楽しく過ごそうと思う。

パーツをばらす。

設計図もそうだが、パーツを配した型紙から美しいのだ。

干支のうさぎ。

動物の頭を持った人間より遙かに大きなトルソーもある。

玄関に収まった。

写真はステンレス。他に、真鍮とブロンズがあり、サイズも2種。

漆喰に影が映る。

ワイヤーにワイヤーを乗せただけ。ナカシンイチの画とともに。

by 江副 直樹 2011-1-10 15:03