ここから本文です

台風の影響でまとまった雨が降り続く。今日も一日ずっと降りそうだなあ。

昨日は、福岡での会議の後、久留米で開催中のデザインのやくわり展に出掛けた。九州ちくご元気計画では、情報発信を目的にさまざまなイベントを開催しているが、そのひとつにデザイン×デザインなる企画があって、これはその2011年版。

雇用創出事業である元気計画では、その前段となる商売繁盛を積極的にサポートすることで、雇用創出の基盤づくりを行う戦略だ。その中で、デザインは筑後地方に眠る多様な商売繁盛のネタを具現化する非常に有効な手段と位置づけているのだが、デザインにはいまだ誤解も多い。こうしたイベントで、デザインの本質をわかりやすく伝えたい。
初日の昨日は、数ある研究会の中から、「筒井花火」をピックアップ。講師のデザイナー、中庭日出海氏とご当主筒井良太氏の対談が仕組まれた。全国で唯一の国産線香花火。ここにデザインが絡むとどうなるか。筒井花火のケースは、そのことを如実に示したと思う。コンセプト、商品、情報、空間まで、総合デザインの見事な実践事例となっている。

デザインのやくわり展は本日9/4まで。18時からは複数のデザイナーが来場する交流会。

対談会場。

会場のショールーム夕景。インテリアデザインは、二俣公一氏による。

限定30名。

左奥が中庭氏。右手筒井氏とともに、刺激的な話が満載だった。

展示会場。

ショールームの数十メートル西側の展示会場。ギャラリー・アールグレイ。

筒井花火の全貌。

筒井花火を始め、元気計画に関わるデザイナーたちのさまざまな仕事を紹介。

by 江副 直樹 2011-9-3 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki