ここから本文です

年々台風の発生が早まっている。梅雨の台風は幸い九州を逸れてくれた。

生協に関わってもう10年になる。エフコープという福岡県の大きな生協との付き合いがその発端。エフコープは7年程お手伝いをさせていただいた。その後、九州の生協の集まりであるコープ九州と全国の生協の集まりである日生協との仕事へと広がった。

やっていることは、実はずっと一緒で「生協価値の再構築」。甚だ差し出がましいが、生協は物凄いポテンシャルを持った組織だと思っている。ただ、率直に言うと、企画力と表現力に乏しい。素朴さは良しとして、このコンセプトと実績はもっと多くの人々に伝えられるべきものだ。そんなわけで、一貫してクリエイティブスキルの導入に注力している。
オンナコドモの生協。そんな印象がある。特に男性、分けても若い青年たちに距離がありすぎる。新しく始まった画期的WebSiteプロジェクトであるCOOP WEBLABOの目玉コンテンツ「小倉ヒラクのCOOPとなにしよっか?」は、コープ男子を育成するユルくもマジメな渾身企画。ヘンタイ的好青年、小倉ヒラクの抜擢は、静かな爆弾投入の趣が漂っている。

今夜はうきは百姓組を卒業した赤司君が、桃を抱えて我が家にやって来てくれた。

早くも2回目の記事がアップされている。他のページと比較すると、異色ぶりが際立つ。

コンテンツ開発会議の一場面。次々にアイデアやコピーを出す。コープ男子もここから。

クリエイターだけの制作がっつり打ち合わせ。ここでは純粋にクリエイティブに没頭。

ついに闖入を果たしたその人、小倉ヒラク。なぜか呼び捨てだが、さっそくいい動き。

 

 

 

 

by 江副 直樹 2015-7-16 22:10