ここから本文です

クワシマ。

2018.8.12

クワシマからメッセが来た。唐突なのはいつも通り。クワシマの本名はコバヤシ。結婚のいきさつでなぜかそうなった。メッセはこうだ。イベントをするのでトークに出てくれ。そんな話だったので、ああいいよと取り敢えずのOKを出した。その名は城下町と市場。

大分竹田との関わりは、もう10年来。永い付き合いのH女史の導きで始まったたけた食育ツーリズム。この時のキーパーソンは、書家で骨董屋主人の草刈淳。無類のセンスに惹かれて、空間の仕事を振った。それから竹田は変わり始めたような気がするのは、我田引水か。その後、Uターンで戻ってきたクワシマが、イタメシ屋RecaDを開店、変化が加速する。
折しも、全国随一の数を誇る地域おこし協力隊や多彩な移住者が続き、竹田の人模様は豊潤さを増した。僕は僕で大分との繋がりがさらに濃厚になり、竹田にルーツを持つ西田稔彦OPAM館長新見氏を祭り上げて、大分を掘り起こすたびするシューレを始める。そこに登場するカモシカ書店店主岩尾晋作。この度の鼎談は、そんな面々との本音のお喋りだった。

左から仕掛け人、クワシマ、ひとり置いて岩尾、草刈の面々。撮影:澤田知美

話すことはないと言っていた草刈くんが、延々と喋る。やたらと面白い。

急拵えだったのに、たくさんの方々。トークは他に2組が先行した。

メインプログラムとも言える打ち上げ準備。休む間もなく仕込みに入る。

by 江副 直樹 2018-8-12 12:12 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki