ここから本文です

三寒四温を地で行くここ最近。冬になったり、春になったり。徐々に、徐々に。

随分久しぶりに風邪を引いてしまった。咳や鼻水、加えて瞬間的だが、倦怠感からの食欲減退。これはすぐにいつも通りになったけれど、休まないこともあるのだろうか、今回の風邪は長引いている。病院へ行き、クスリを飲めば治るのかも知れないが。

もう10年以上、基本クスリというものを飲まない。痛みに異常に弱いので、頭痛などでごくたまに鎮痛剤を飲むことはあるが、そもそも頭痛にもまずならないし、風邪を引いてもクスリは摂らない。この点は家族全員同じで、子供たちはひたすら眠り、汗をかき、夫婦はすっかり習慣となった鼻うがいでやっつける。ほぼこれで撃退してきたものだ。
ぬるま湯に塩を溶いて、喉を普通に数回やったら、片方の鼻を指で押さえて、もう一方から吸い上げる。慣れるまでは恐る恐るだったが、ぬるま湯だとツンという刺激はまったくない。通常のうがいだと届かない咽喉の奥にも、これだとしっかり到達してくれて、風邪の引きかけでほぼ殲滅できる。これからはさらに熱心に予防に励むこととしよう。

週末はヒタモノつくりの大事なイベント。そこまでにはなんとしても完治を。

専用の器。

最近は、この20年以上愛用している器が鼻うがい専用になっている。莫窯作。

寝ていればね。

じっとベッドに入っていれば、もっと早く良くなると思うのだが、そうもいかず。

ついつい仕事を。

寝室から数歩で仕事場というロケーション。いいような悪いようなこの状況。

ああ、川へ行きたい。

ヤマメ釣りが解禁になっている。気が気ではない。アタマの中ではこんな景色が。

by 江副 直樹 2014-3-6 22:10