ここから本文です

いつも静かに回っているが、ひとたびアクセルを踏めば、いつでも吹き上がるエンジン。ギアを入れ、堅いクラッチを繋げば、背中を蹴られたように飛び出していく。僕らの思考も同じじゃないか。あるとき、ふとそう思った。エンジンは常に暖めておく必要がある。

寝ているときでさえ、アイドリングは続いている。脳の奥深く、熱の引かないところがあって、考え続けているアイデアや興味の赴く事柄は、そこでずっと揺られているような感覚がある。それが覚醒し、思考の回転数が上がると、シナプス上を猛スピードで電光が行き交って、より鮮明なイメージが結ばれたり、やおら言葉が浮かび上がって来たりするのである。
アイドリングが続いていなければ、引き出しは急には開かない。レスポンス良く回ってくれなければ、アドリブには弱くなる。案件が降りてきて考え始めてはすでに遅い。常時、森羅万象に想いを馳せていなければ、アイデアは湧いては来ない。干ばつになって井戸を掘っても遅いのだ。打合せや会議もF1のスタートのようであれば、さぞかし白熱することだろう。

実際も飛ばすのが好き。運転は思考パターンと相似型だ。撮影:川嶋克

シフトノブはスポーツタイプに変更。BunboのBをあしらってみた(噓)。

ホントに大事なのは回転数を示すタコメーター。Smartの不満のひとつ。

6年で20万km目前のエンジン。汚れてるけど良く回る。オイル交換はまめに。

by 江副 直樹 2019-2-21 9:09 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki