ここから本文です

肌寒い東京から新幹線で新神戸。生憎夜で富士山は見えず。高速バスで洲本まで。

ここ数年、旅が増えた。30歳まで飛行機にも乗ったことがなかったのに、変われば変わるものだ。今月は7泊、先月は10日がホテルだった。パッキングをはじめ、旅のパターンはすっかりでき上がり、方々でのホテルライフも極めて快適で、しっかり楽しんでいる。

それもこれも、ネットの発達普及があってのこと。一旦オフィスを離れたら、仕事が滞るようではなにもできない。どこのホテルでも、チェックイン後に最初にすることは、PCのセットアップだ。それさえ終われば、分母庵にいるときと同じように仕事に向き合える。メールはもちろん、iCloudのお陰でスケジュールも写真もすぐさまシンクロしてくれる。
薄く小さなMacBook Airとデジカメといくつかの周辺機器で、僕の日常は場所を移しても何ら変わらなくなった。進行中の仕事も時間さえ取れれば放っておかれることもない。遅れるとしたら、それはまったく別の理由だ。皆さん、ご免なさい。ユビキタスが現実になったことで、僕らは本当に行きたいところに行き、会いたい人と会えるようになると思う。

明日は、淡路はたらくカタチの定例会議をすませ、福岡へ向かい、翌日は先生稼業なぞ。

誰だこのオヤジ。

この日の朝は、大分日田のデジタル左官、原田親方とSkypeで打合せを。

風景はいつも変わる。

東京の定宿からの夜景。夜はオフィスも店仕舞い。会いたい人とご飯を食べる。

ネットさえつながれば。

ネットと電源さえ確保すれば、すべてはMacとiCloudの中に揃っている。

オフィスバッグ。

そうは見えないと思うが、僕のオフィス。必要なものはすべて格納されている。

 

by 江副 直樹 2012-11-7 22:10