ここから本文です

台風の余波で、昼前から雨。風はそれほどでもない。今年は、初夏から秋まで続くなあ。

その直前、快晴に覆われた一日、ここのえ低山部の山行きを決行。同行は、ベテランガイドのY氏と地元のY子ちゃん。低山部発足メンバーでもある。春のオルレコースのショートカットを別とすれば、今年2回目の活動となる。標高と志は低いとうそぶく低山部だが。

若い頃から、ランニングと登山は嫌いだった。高校の部活では毎日走っていたし、山にも良く遊びに行っていたのだが、成人して体力が低下し、他の遊びに目覚めると、途端に億劫になった。ロードバイクに乗ったり、水泳をしたり、ジム通いをするものの、ランニングはなかなか習慣にならない。登山は、釣りに取って代わられた。それがなんの気の迷いか。
まだとてもランナーとは言えないが、少しずつ走ってみたり、山登りに心惹かれたり、心の変化が訪れた。年の初め、今年から登ると宣言し、ついに道具を買い揃え、先日軽く出掛けてみた。低山部は、登頂に拘らないと言いながら、今回は2つの山頂に登ってみた。聞けば、シニア用コースらしいが、気分は悪くない。早くも次の山へ行きたくなっている。

山積の宿題は明日で一段落。今週も中盤から出張続き。楽しみつつ過ごすとしよう。

まず、猟師山をめざす。画に描いたようなトレイルが伸びる。それにしてもいい天気。

1000mを超える山頂は久しぶり。毎日の神社の階段昇降が効いたか、筋肉痛はなかった。

遠く玖珠盆地まで見渡せた。涼風が吹き抜け、絶好の季節。この秋はいっぱい登る。

お昼過ぎには下山。足を伸ばして、豊後大野のカフェに遊びに行った。贅沢な一日。

by 江副 直樹 2014-10-5 22:10