ここから本文です

川にいるときは爽やかささえ感じる灼熱が、ビルの間にいるときはただ不快にとどまる。

都合8年ほどをISDNで我慢していた頃、村にADSL網が広がることになった。ハイコストの光を無理に望まなくとも、相対的に充分早いネット環境が手に入れば納得。村内にADSLが行き渡った。それからわずか2年、ついに山上の分母庵に光ケーブルが繋がった。

思えば、インターネットの普及による社会の劇的変化を描いた、A.トフラーの「第三の波」を読み、田舎暮らしへの願望が芽生えたのが、いまからおよそ30年前。ISDNでさえ、その実現に支障はなかったのだが、ブロードバンドの進化と普及は続いた。気づけば、日本は世界で最もBBが浸透した国となり、2年前には英BBCの取材という椿事もあった。
ネットがなければ、いまの生活はあり得ない。ネットが支える田舎暮らしでもある。俗にライフラインと言うが、電気や水道、道路に加えて、いまやインターネットもまごうことなきそれになっている。電柱を伝って、高速の光ケーブルがこんな山村にまで届く現実。世界との距離は、大都会となんら変わらない。 か細くも実に頼もしい生命線なのだ。

今週後半は、朝から夜までびっしり。日曜からはいつもの温泉宿に逃げ出す算段。

サクサク。

経理Nさんの仕事場。インフラの存在も忘れて仕事ができる。

こんな細さで。

雲をバックに、右側のくるくる巻き付いている線が光ケーブル(多分)。

雄々しく見える。

この先はWiFiを飛ばしているので、家中どこでもネット三昧。

アナログ健在。

デジタルだけが支配するわけではない。アナログも立派に併存している。

by 江副 直樹 2011-7-28 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki