ここから本文です

お酒の時間。

2012.10.18

一気に冷え込んで、ついにファンヒーターに着火。この暖かさはちょっと幸福感がある。

若い頃は、お酒はあまり飲まなかった。いや、飲めなかった。体質的に少量のアルコールでたちまち真っ赤になる。動悸が打ち、気持ちの良さを味わう余裕がなかったのか、飲酒は日常ではなかった。それがいつの頃からか、一向に強くはないのに好きになったのである。

そうは言いながら、ネオン瞬く繁華街は身近にはなく、いわゆる家飲みが多い。夜が遅い日を除けば、夕方以降は350mlのビールに手が伸びる。それがそのまま晩酌になることもあるが、杯を重ねることはまずない。量的には充分なのだ。ご飯が美味しくなり過ぎるのが玉に瑕だが、ほろ酔いは誠に気分がいい。そして、就寝前には焼酎のロックをグラスに一杯。
出張が多くなって、出先で知人と食事に出ることが増えた。コミュニケーションだけでも存分に楽しいのだが、そこにお酒が入れば楽しさは倍増する。もっとも、酒量は変わらずで、記憶を失ったことも、二日酔いで苦しんだ経験もない。かえって、翌朝はお腹が空くくらいだ。馴染みの店なんてないけれど、毎日間違いなく気分のいいお酒を飲んでいる。乾杯。

明日は日田市役所で、新事業の会議。午後は分母庵でこうげのシゴトの会議。ふむふむ。

店は気分を左右する。

落ち着いたいいバーを知っておきたいと思うが、どこにでもあるわけではない。

渋谷のバーで。

先日、某女子と訪れた渋谷のワインバー。ワインは重めの赤が好き。

日田のバーで。

大分県日田の職人さんたちに連れてってもらった。強い酒がおいしいと思う。

淡路ノマド村でワイン。

淡路ノマド村で、新作映画のプランを聞きながらワインを飲む。いい時間。

by 江副 直樹 2012-10-18 22:10 
EZOE naoki

田舎を拠点のプロデュース稼業。その日々仕事雑感、問わず語り。

by EZOE naoki